リオのパラリンピックテニスの車椅子の進歩について

リオのパラリンピックが開催されていますが、テニスで1500万円の車椅子について論議を呼んでいるようです。日本の国枝選手が40万円に対して明らかに性能の差はあることは確かですが、現在お金や性能に関する規制がない以上ルール違反ではないので心情的にはどうかなと思いますが特に問題はないと思います。純粋なテニスの技術で勝負するのか最新の研究データに基づく機械に頼るのかどちらが有利なのかはわかりません。
時々体が不自由な人の練習風景をテレビで紹介していますが、失った機能を補うために他の部分の発達するために過酷な訓練を目にすると、すごい努力をしていることがわかります。この人たちにとっては補助具の性能向上も大切だと思いますが、自分の肉体だけで勝負したいという気持ちが強いのではと推測しています。
下半身が不自由ですが上半身は筋肉の塊のような人もいるので、人間の持つ可能性を改めて思い知らせてくれます。メダルには不利かもしれませんが、観ている人に感動を与えるのはどちらかと問われればすぐに答えがでるのではと思います。キャッシング初心者におすすめのサイトはこちら

チップチューン

この世には「chiptune」という言葉があります。
これはファミコンなどの昔のゲーム機やコンピューターが出すいわゆるピコピコ音を
音作りの前面に押し出した音楽ジャンルを指す言葉で、
私もちょっと前までこの音楽ジャンルの存在を名前さえも知りませんでした。

それが世に出てきたのは初音ミクに代表されるボーカロイドと相性がいいからでしょうか。
ボカロとの音楽的な親和性のみならず、
個人のDTMでのチップチューン音源の入手のしやすさ扱いやすさと言うのもあるでしょう。

私は物心つくかつかないかの頃にはファミコンがあった世代なので
懐かしさを感じる音ではあるんですが、ファミコンも末期となると
次世代マシンと比べたその音の貧弱さにイライラもしたものです。

それを私よりはるかに若いクリエイター達が
新鮮で鮮烈な作品として料理して出してくるのを見ると、
複雑な気持ちにならなくもありません。
あの音にはこんなにも可能性があったのに、
それを捨てたのは自分たちであることを思い起こさせられるんですからね。宅配クリーニング